ダイエットにゼニカルとカテキンと妊婦は主治医に相談

世界には、特定のコンプレックス改善に向けて特別に製造される医薬品があります。
AGA薬やED薬、そして避妊治療薬といった製品が有名です。
日本国内ではあまり見かけない系統のお薬もあるかもしれません。
しかし、ゼニカルなどの肥満治療薬は既に世界の先進国において、広く治療者に提供されている製品です。
米国のFDAが承認している主成分、オーリスタットがゼニカルには使用されており、安全性と信頼性の面でもお墨付きがあります。
肥満が深刻な社会問題と化している欧米において、
ゼニカルは評判が高く、過酷な食事制限無しで痩せられると高評価を集めています。

日本国内においては、高品質なカテキンを含むお茶がブームです。
高濃度のカテキンの持つ脂肪燃焼効果がユーザーを注目を集めており、いわゆるトクホ(特定保健用食品)としてスーパーやコンビニ等に並んでいます。

ゼニカルもカテキンを含むお茶、両者とも基本的に誰でも利用可能なダイエット支援商品です。
ただし、ゼニカルの服用を検討している妊婦の方は少し注意が必要です。
ゼニカルは欧米圏において安全性が保証された医薬品ですが、
日本では未承認という事もあり、有効なデータがありません。
ゼニカルの服用によって妊婦の母体や子どもに影響が現れる事例は無いとされていますが、あくまで欧米圏でのお話です。
日本人妊婦の方でも悪影響は無いと考えられていますが、
既に妊娠なさっている方は素人判断を控え、必ずかかりつけの専門医の判断を仰ぎましょう。
今では妊婦も太りすぎを指摘される時代であり、ダイエットが推奨されています。
ゼニカル服用によって流産や不妊になる等のリスクは報告されていますが、念のため、個人輸入を検討する前に主治医にOKかNGを聞いておくのが正しい妊婦の姿です。